印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


岩手県滝沢市、盛岡市郊外の動物病院です
TEL 019-688-9926 FAX 019-688-9927

HOME > フィラリア予防と予防接種

フィラリア予防とは「犬糸状虫」ともいわれ、蚊の媒介により犬の心臓や肺の血管 に寄生し、血液中の栄養分を吸って生きている、そうめん状の長さ17~28センチ の寄生虫が犬の体内に入らないように予防することをいいます。 最近は猫も感染する可能性があるので猫の場合も当てはまります。

フィラリアに寄生されてしまうと、犬猫の心臓・肺はもちろんのこと肝臓・腎臓などにさまざまな異常をきたすようになります。 フィラリア症の 症状は下記に紹介してありますが、突然、赤い色の尿(血色素尿)と呼吸困難・虚脱などの循環不全を主とした激しい症状を示すこともあります。 この場合、何もしないと数日の内に死にいたることが多いので、速やかにフィラリア成虫の摘出手術を受ける必要があります。

ゼーゼーした咳をする。
運動を嫌がる。
痩せてきた。
貧血気味になってきた。
失神することがある。

上記の症状がある場合もフィラリアの可能性があります。早急に処置をする必要があるでしょう。 大切な家族の一員ともなる愛犬愛猫のためにも、事前にフィラリア予防をしておくことをお薦めします。



フィラリアの薬とは体内に入ってしまったフィラリアの幼虫を駆虫するためのお薬です。一般的に予防薬と言われていますが、正確には予防薬ではなく駆虫薬なのです。 予防薬には、フィラリア駆虫だけに効果のあるもの、お腹の寄生虫まで駆除できるもの、ノミやダニの成長を妨げる効果も合わせているものなど、種類もいろいろです。 飼育環境に適したお薬を選ぶ必要があります。

予防薬の剤型は様々ですが、いずれも1ヶ月に1回投薬します。投薬期間は、蚊の発生から1ヶ月遅れで予防薬を与え始め、蚊の終息から1ヶ月遅れで予防薬を与える必要があります。 適切な期間については地域やその症状によって違うため直接ご相談ください。

薬のタイプ
注射タイプ
お肉タイプ(チュアブル)
錠剤
顆粒剤
スポットオンタイプ(皮膚にたらす)

どのタイプにするかは、適切なものを処方する必要があるため指示に従っていただきます。 ご協力宜しくお願い致します。不安な点がある場合はお気軽にご相談ください。

当院では、検査もせずにフィラリアの予防薬を投与することは絶対にありません! 予防薬を飲ませる前に必ず血液検査をしていただき、フィラリアがいないことを確認 してから投与します。
フィラリアの感染しているわんちゃんに予防薬を投与すると、ショック症状など最悪、 死亡する可能性もあります!その他、食欲がなくなったり、元気がなくなったりするこ とがありますので必ず予防薬を投与する際は、血液検査を受けるようになさってください。

backLinkIcon

予防接種について

犬、猫、馬それぞれに混合ワクチンなど予防注射があります。犬では狂犬病の予防注射が義務付けられています。詳しくはお尋ねください。